So-net無料ブログ作成
検索選択

<汚職>贈賄業者が経営再建狙い幸田町議に工作依頼か 愛知(毎日新聞)

 愛知県幸田町の工業団地開発を巡る汚職事件で、贈賄側の開発会社「西三河開発」が08年の事件前後、赤字が続く贈賄側の建設会社「和幸建設」の株式の半数近くを取得し、開発地の造成関連工事を計約3億円で和幸建設に発注すると決めていたことが分かった。開発には団地内のアクセス道路の西尾市道認定が必要で、県警は贈賄側の2社が和幸建設の業績立て直しのため、町議の黒柳広治容疑者(72)=受託収賄容疑で逮捕=に議会工作を依頼したとみている。

 2社の関係者らによると、和幸建設は04年から赤字が続き、07年に約1600万円の黒字になったが、08年は再び1億円を超える赤字に転落した。

 西三河開発は08年、和幸の発行済み株式6万株のうち約45%を取得。同年7月からは西三河開発の専務、鋤柄茂樹容疑者(43)=贈賄容疑で逮捕=が和幸の専務も兼ねるなど関係を強め、開発予定地の3件の関連工事も和幸が担当することになったという。西三河開発が業務拡大の一環として和幸の経営への発言力を強めると同時に、和幸の再建を図る意図があったとみられる。

 しかし、団地開発を巡ってはアクセス道路の市道認定が議決される必要があった。このため県警は鋤柄容疑者らが幸田町議会の同意を得るため、旧知の黒柳容疑者に他の議員への働きかけなどを依頼したとみている。【秋山信一】

【関連ニュース
愛知・幸田の受託収賄:「現代の名工」の町議宅など捜索
収賄:家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円
汚職裁判:収賄に問われた元入管職員に実刑判決 東京地裁
収賄容疑:千葉市長を逮捕 業者から約100万円 警視庁
京都市公共工事汚職:別の業者からも60万円収賄容疑、元市職員逮捕 /京都

職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転−厚労省独自仕分け(時事通信)
中小電線企業も価格調整か=屋内配線カルテルで追加立ち入り−公取委(時事通信)
低温情報14年ぶり…寒い予想、広い範囲で(読売新聞)
日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」−普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。