So-net無料ブログ作成
検索選択

「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男−福岡県警(時事通信)

 福岡県内で英会話教室を経営する米国人男(69)が教え子の女児に性的暴行を加えたとされる事件で、男が「性教育の一環で体に触ることもある」と書かれた承諾書を事前に親から得た上で、研修名目で女児を自宅に連れ込みわいせつ行為をしていたことが19日、県警少年課への取材で分かった。同課によると、男は容疑を認める一方で、「悪いことと思ってない。将来の性生活がうまくいくためだ」などと供述しているという。
 一方、近所の住民から2006年9月ごろ、「男が中高生の女の子を車で連れてきている」との相談があったが、早良署が本人から事情を聴かないまま、事件ではないと判断していたことも分かった。同課は「当時の判断としては適切だった」としている。
 男は1〜3月、児童福祉法違反(淫行=いんこう=)や児童売春・ポルノ禁止法(製造)違反などの容疑で3回逮捕(1件は処分保留)された。同課によると、被害に遭った女児は当時9〜11歳で、男に口止めされていた。自宅などににわいせつ行為を撮影した600本以上のビデオ写真があったが、インターネット上の掲載や売買は確認されていないという。 

【関連ニュース
「ヘッドホンの女性狙った」=わいせつ容疑で男追送検
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」
女子中生に売春させる=容疑で「援デリ」業者逮捕
女児ら数十人に性的暴行か=英会話教室経営の米国人逮捕
31歳巡査部長を逮捕=女子高生に強制わいせつ容疑

元暴力団の死刑囚、二審も懲役20年=上申書で発覚の保険金殺人−東京高裁(時事通信)
「円天」詐欺事件 元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)
郵貯限度額、2000万円に=政府出資は3分の1超(時事通信)
京都−門真 第二京阪が全線開通(産経新聞)
「これが健全な組織か」 生方氏、解任不服申し立ても(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。